2011年1月30日

努力を継続させる秘訣

2011_01_31_01.JPG
自己啓発は、「少しだけやって終わり」といったものではありません。
目標達成のために「継続していくこと」が必要なのです。
昔から言われているように、「千里の道も一歩から」、「ローマは一日にして成らず」「石の上にも三年」と言われるようにやり続けることに意味があります。 

しかし、そう言っても「続けること」はなかなか難しいもの。
あなたも、今までにいろいろな経験があるのではないでしょうか。
 
・新年を迎え今年の目標を立てたのに、2月にはもう忘れていた。
・禁煙すると決めたのに、次の日には我慢できずにタバコを吸っていた。
・夏までにダイエットすると決めたのに、一週間で挫折した。
・英語を身につけようと勉強しようと思ったが3日でやめてしまった。
などなど、あなたも一つくらいは、当てはまるものがあるかもしれません。

自己実現・目標達成のためには、「継続すること」がとても大切ですが、これがなかなか難しいのも現実です。
しかし、続けることができるにはコツがありました。
何かをやろうと思ったら次の言葉を思い出してください。
「やめることはいつでもできる。しかし続けることは、今しかできない。それなら、もう少しやってみよう。」

これは、ロバートキヨサキ氏の「金持ち父さん貧乏父さん」の中に書かれていた言葉ですが、非常に役に立つものです。
確かにやめるのは、いつでもできます。やろうと思えばいますぐやめることもできます。
しかし、一度やめてしまったら、もうあなたは続けることはできません。
継続するというのはいましかできないことなのです。

何かを諦めてしまいそうになったとき、継続するのが難しいと感じたとき、これを思い出すようにしてください。
そうすることによって確実に自己実現・目標達成に向かって進むことができるでしょう。
いま悩んでいて、やめたいことがあるかもしれません。
でも、いまやめてしまったらそれで終わってしまいます。
 
それだったら、もう少しやってみませんか?
それでもダメだったら、そのときに改めてやめればいいのです。

自己実現のため、目標達成のために、いまだけは、続けてみましょう。
ちなみにロバートキヨサキ氏の「金持ち父さん貧乏父さん」の中にはこの他にもたくさんのすばらしい言葉が書かれています。
ぜひ、一度お読みになることをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/53