2011年5月 2日

広告のデザインと数、どちらを大事にしていますか?

2011_05_02_01.JPG
広告は回数を優先すべきですか? それともデザインを優先すべきですか?
このような疑問があると思いますが、答えはズバリ、「回数」です。

なぜ広告は回数を優先すべきなのでしょうか?
その答えとカラクリを説明しましょう。
広告のデザインやサイズにお金をかけるなら、その分回数を増やした方が確実に効果が上がると言われています。
その理由は、無理せずにコンスタントに計画的にチラシを打つ継続さが必要だからです。

「デザインの質は落としても、回数だけは絶対に落とすな」
これがマーケティング業界の常識なのです。

うまくいかないと悩んでいるところは「チラシをフルカラーにしてキレイに見せたい」と思ってしまうのです。
確かにお客様に見せるものだから粗末な広告よりはキレイな広告を見せたほうが良い、と考えるのはわかります。

しかし、読む側であるお客様はどう考えているでしょうか?
・キレイなチラシを見たいのか?
・チラシの内容を知りたいのか?
よく考えてみてください。

読む側の立場になれば、簡単に答えが出ますよね。
大切なのは作り手側の思いでなく、読む側の思いなのです。

例えばコンピューターメーカーの大手DELL(デル)株式会社。
週に1度、必ず1色(単色)の新聞広告を出し続けています。
決してフルカラーの新聞広告は出しません。

「色数」に金をかけるなら、その分回数を増やしたほうが確実に効果があると知っているからです。

では、その結果はというと......
たった数年で急成長を見せました。
その方法をHP(ヒューレットパッカード)でもそのままマネをしていほどです。

たとえ1色しか使っていなくても、ポイントを押さえれば必ず効果が出るのです。
もし、広告のデザインに多くの時間とお金をつぎ込んでいるのなら、いますぐやめてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/147