2011年5月14日

成功を邪魔する恐怖心を打ち消す考え方

2011_05_14_01.JPG
自己実現のためにはその場にとどまっていてはいけません。
目標達成のためには何もしないという選択肢はありません。

成功するためには新しいことに挑戦し自分自身を成長させる必要があります。 
しかし、何か新しいことに挑戦するということは大きな不安がつきまとうことになります。
あなたにもきっと思い当たる経験があることかと思います。

その不安の原因はなんでしょうか?
そしてその不安を解消する方法はあるのでしょうか?
新しいことに挑戦しようとするとき、「もし失敗したらどうしよう」という恐れが不安の原因です。
まだ起こっていない失敗を想像して恐怖心が出てきてしまうのです。

ですが、世の中には一度も失敗したことのない人は一人もいません。
皆、多かれ少なかれ何かしらの間違いをしているのです。

それは、過去の偉人たちも皆同じです。
彼らも最終的には成功者となりましたがそれまでには大変多くの間違いを繰り返しているのです。

では、目標を達成できる偉人たちと目標を達成できない普通の人の違いとは何なのでしょうか?
それは、「挑戦してきたことの数」であると言えます。
つまり多くのことにチャレンジすればするほど自己実現のチャンスは大きくなるのです。

だれもが知っている有名な話ですが、エジソンは最初の電球を発明するまでに1万回以上の実験を繰り返しています。
簡単に言えば、9,999回失敗してやっと1回成功できた訳です。

でもその1回の成功の価値は9,999回の失敗をはるかに上回っていたのです。
だからこそ彼は自分の目標を達成できたのです。

また、メジャーリーグの偉大な選手であったべーブルースも素晴らしいチャレンジャーの一人でした。
彼はいつでもフルスイングです。信じられませんが、一般的なヒットなんて狙ったことがありません。

そのために三振の数も他の選手に比べて圧倒的に多くなりますが、当たればホームランなので彼も最終的には成功者の一人として尊敬されました。
あなたはどのくらいチャレンジしたでしょうか? いくつくらい挑戦したでしょうか?

成功したいなら挑戦する数を増やせばいいのです。
たくさん失敗すればよいのです。ただそれだけのことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/159