2011年6月 3日

音声でスマートフォンの入力や機能操作ができるアプリ

20110602_photo.jpg
NTTドコモは31日、音声認識技術を利用したスマートフォンアプリ「Speakey」と「VOICE IT!」を、トライアルのため無償配布をスタートしました。

「Speakey」は、スマートフォンに話しかてメールなどの文字入力ができるアプリで、「VOICE IT!」は、話しかけると、インターネット検索や端末機能の呼び出しができるアプリ。
それぞれオムロンソフトウェア、ブリリアントサービスとの共同開発となります。

今回はこの、音声でスマートフォンの操作が行えるアプリについてご紹介します。

まず、オムロンソフトウェアが提供する「Speakey」ですが、こちらは話しかけるだけで文字入力ができるアプリです。
話した内容をテキスト化して変換候補を表示するのですが、単語の変換頻度やつながりを分析して変換候補を優先的に表示するので、操作回数が減りスムーズに文章を作成することができます。

20110602_photo2.jpg
一方、ブリリアントサービスが提供する「VOICE IT!」は、検索する内容をスマートフォンに話しかけると、内容に合わせてサイトに誘導するアプリ。
例えば、話した内容が食事に関することなら、グルメサイトを表示し、さらに細かい内容の検索が可能です。
また、電話やメール、カメラなど、スマートフォン端末の機能を音声で起動することもできます。

アプリ配布期間は5月31日~11月30日で、Android マーケットにて配布しています。
現在の対応機種は Xperia(Android 2.1)と GALAXY S(Android 2.2)ですが、配布期間中にも順次拡大していく予定です。

操作がむずかしいと思われがちなスマートフォンですが、こうした音声認識サービスの充実により、これまで敬遠されてきたような層にも受け入れてもらえるキッカケとなればよいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/180