2011年6月 4日

目標設定を新鮮にするディズニーの考え方とは?

2011_06_03_01.JPG
目標達成のために必要なことはいくつもあります。
その中でも「毎日を充実した、楽しい日にする」ということはとても大切なことです。

人生はとても長いものですがよく考えてみると一日一日の積み重ねにすぎません。
つまり昨日→今日→明日→......と続いていくその全体が人生なのです。
 
そのことを一番意識している会社、ディズニーの教育についてお話をします。
ディズニーで教育されている考え方は「毎日が初演」というものです。
ディズニーでは従業員のことを「キャスト」と呼びお客様のことを「ゲスト」と呼ぶ話は有名ですね。
これは「キャスト全員がディズニーという舞台でショーを演じている」という考え方からきています。

簡単に言えば、キャストはゲストにショーを見せ楽しんでもらうことが使命なのです。
ショーというと、パレードなどを想像する方もいるかと思いますが実はそうではありません。

掃除をするのもウェイターもウェイトレスもアトラクションを動かす人も皆がその役を「演じている」のです。
彼らは皆、俳優であり女優なのです。

しかし、毎日同じことの繰り返しでは、人間は飽きてしまうものです。
キャストが「演じること」に飽きてしまえばゲストを楽しませることはできないでしょう。

それを解消するのが「毎日が初演」というものなのです。
初めてのときの気持ちというのはほどよい緊張感があり何事にも積極的です。
しかし、「新しいことをしている」という気持ちはとても楽しいものです。

目標達成や人生の生き方にも、これは応用できます。
その日一日があなたの舞台だと考えましょう。

そして、そこで「あなた自身」という役を演じるのです。
今日という日は昨日とは違う一日です。
明日という日は今日とは全く違うのです。
一日として、同じ日は存在しません。

「毎日が初演」という気持ちを忘れなければより充実した楽しい日々を送れるでしょう。
そして、それがやがては目標達成・人生の充実につながっていくのです。

こう考えると今日という一日を充実させることを繰り返すと人生全体も充実した楽しいものになるはずです。毎日少しずつ、新鮮な気持ちで目標に向かっていくことができれば目標達成までの道のりも楽しく過ごせるはずです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/181