2011年6月16日

成功の決め手とは?

2011_06_16_01.JPG
自己啓発・成功哲学の産みの親ナポレオンヒルはその著書『思考は現実化する(原題:Think and Grow Rich)』(きこ書房)の中で積極的に生きることを強く主張しています。
ナポレオンヒルはこれを「PMA(Pnsitive Mental Attitude)」つまり「積極的心構え」と名づけました。

ナポレオンヒルは、生涯を通じて「PMA(積極的心構え)こそ成功者の共通項であり、しかも単純な秘密であると断言できる」と語ってきました。
ナポレオンヒルが考える「成功するのに必要な考え方」とはどんなことでしょうか?
それは、簡単に言えば「できると思えばできる。ダメだと思えば本当にダメになる」ということです。
「本当にそんなことがあるのか」と感じた方もいるでしょう。しかし、これは事実なのです。
 
このことは、心理学の観点からすでに証明されています。

ある患者の話です。ひどい風邪にかかった患者さんは、病院で診察をうけました。
医師は、「この薬は良く効くから、三日間飲んでください」と言って薬を渡しました。三日後、その風邪は見事に治ったそうです。
患者は「いやぁ先生、あの薬は本当に良く効く薬ですね」と医師にお礼を言いました。しかし医師は「あぁ、あの薬ね、ただの片栗粉ですよ」と答えたそうです。

つまり、「良く効く薬だ」と信じ込んでいたために、本当に効果が出たのです。
これを、プラシーボ効果(偽薬効果)と言います。

信じてさえいれば、片栗粉が病気を治してしまうのです。
人間の脳は実に複雑で、まだまだ解明されていないことが多いのですが「思考は現実化する」というナポレオンヒルの言葉は真実であると思えてなりません。

さぁ、今日から積極的に考えましょう。
やればできるのです。
「思考は現実化する」のですから。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/193