2011年6月30日

失敗を失敗にしない成功法

2011_06_30_01.JPG
人間だれしも一度失敗するとなかなか立ち直れないものです。
その結果、目標をあきらめてしまったという人はたくさんいると思います。

特に自己啓発を始めたばかりのころというのは「偉大な成功者は一度も失敗しないものだ」と考えがちで間違えたり、失敗したことがすごく恥ずかしいと感じてしまうという人が多いようです。

しかし、私はエジソンについてのある話を聞いて失敗を成功につなげることができるようになるかもしれません。
そんなエジソンの話をしようと思います。
エジソンは、あなたもご存知の通り、電球を発明した偉大な成功者です。
電球の発明に成功したとき、インタビューの中で相手に「今まで一万回以上の失敗を繰り返したそうですが、よく続けることができましたね」と聞かれました。

エジソンは「いえ、私は失敗なんてしていませんよ。私は一万回、上手くいかない方法を発見したんです」と答えました。「上手くいかない、だから改良する。それを繰り返したら、成功したんです」と。
これこそ、失敗に対する素晴らしい心構えではないでしょうか。

また、別のある人はこう話しています。
「間違いは、その人があきらめた時に初めて失敗になる。あきらめなければ、いつか必ず成功する。つまり、継続が一番大切なんだよ」
有名なバスケットボールのマンガ、スラムダンクでも「諦めたら、そこで試合終了だよ」という言葉が出てきます。

間違えたら、それは「上手くいかない方法を見つけた」ことなのです。
そこから学び、次に活かすことができれば、その経験はあなたの自己啓発・自己実現・目標達成の大きな助けになるのです。
諦めない限り、失敗なんてあり得ないのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/207