2011年7月 9日

店頭で電子雑誌や電子書籍を無料で読める実験スタート

20110708_photo.jpg
ディーツー コミュニケーションズは、7月7日から8月31日の期間、スマートフォンとタブレット端末を使用した電子コンテンツ店頭配信システム「すまほん。」の実証実験がスタートしました。

今回は、この電子書籍の新しい配信サービスについてご紹介します。

「すまほん。」は、システムを導入している店舗を訪れたユーザーが、自分のiPhoneやiPad、Android端末などを使って、雑誌や書籍などの電子コンテンツを閲覧できるサービスです。
20110708_photo2.jpg
閲覧は1時間無料でできるので、店頭での待ち時間や休憩時間などに利用できそうですね。
一方、導入店舗側は、「すまほん。」の提供により来店ユーザへのサービスの充実と集客力の向上を図ることができます。

ディーツーコミュニケーションでは、このサービスの本格展開に先立ち、7月7日から8月31日まで、実証実験を行います。
実験は、東京ドームシティ、ネクスコ東日本のサービスエリア、ビックカメラ新宿西口店など、首都圏の約20店舗にて実施され、実験結果を検証のうえ2011年中にサービスインを目指すようです。

こうしたサービスによって集客はもちろんですが、一般への電子コンテンツの認知が広がり、電子書籍をはじめたとした各種コンテンツが普及していけば、さらにビジネスチャンスが増えていきますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/216