2011年8月29日

1冊100円で裁断本を再製本、ぺパレスで新サービス開始

20110828_photo.png
書籍電子化サービス「ペパレス」では、電子書籍の自炊に用いた裁断本を1冊100円で再製本するサービスをスタートさせました。

今回は、この新しい電子書籍サービスについてご紹介します。
紙の書籍を裁断・スキャンし、電子書籍を作る「自炊」が昨今ブームとなっています。
大手電子書籍ストアなどでもこうしたサービスがスタートしています。一方で、自炊のために一度裁断してしまうと、本を再製本する手段はあまり見られません。

そこで「ペパレス」では、メモ帳の糊付けなどに利用される「天のり製本」という製本方法を使うことで、なんと「1冊100円で製本が可能」となりました。


■製本費について
◆基本費用:1冊 100円
◆規格サイズ:長辺21cm(A5)、厚み2.5cmまで

※規格外サイズの書籍は、下記の通り追加料金が必要となります。
◆規格外割増
サイズ:長辺30cm(A4)まで+100円。長辺38cmまで+200円。
厚み:2.5cm以上は追加1cmごとに+100円。
処理可能なサイズ:長辺38cm、厚み7cmまで

ほとんどの少年・成年コミック・小説は規格内に収まり、100円で再製本することができます。


自炊のために本を裁断したはいいものの、再製本の手段に困っている方は、ぜひ利用されてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/267