2011年8月 8日

あなたが持っている目標を見直す方法

2011_08_08_01.jpg
目標設定のときに多くの方が「何を目標にすればいいのかがわからない」という悩みを抱えているようです。
自己啓発書にはいろいろな目標の立て方が書いてあります。

「自分の好きなことを目標にしましょう!」
「あなたが得意なことこそ目標にすべきです!」
「多くの人のためになることをやりましょう!」

これらの目標設定の方法は確かなものですし、どれもすばらしいと思います。
しかし、「これらの方法が自分に合わない」という人も中にはいるでしょう。
 
いくらすばらしいものであっても使えなかったり、使いにくかったりすれば意味がありません。
では、そうした場合はどうすればいいのでしょうか?
お薦めしたいのが「自分の子どもに誇れる目標を立てる」ということです。
今の時点で子どもがいない方は、想像でかまいません。

あなたが達成したいと考えている目標は自分の子どもに誇れるか?
「お父さんは、○○を目指しているんだよ」と胸を張って言えるか?

自分の子どもというのは簡単に言ってしまえばあなたのコピーです。
子どもはあなたの生き方をコピーして育っていくので、あなたがいい加減な生き方をしたら子どももいい加減な人間になるでしょう。
逆にすばらしい目標に向かってがんばる姿を見せれば、子どももすばらしい人間になるでしょう。

目標設定に迷ったときは、「その目標は自分の子どもに誇れるだろうか?」を判断の基準にすれば、すばらしい目標設定ができるでしょう。

いま、あなたが持っている目標は自分の子どもに胸を張って言うことができるでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/246