2011年8月15日

スマホでお店の中なら雑誌が無料――場所を価値化する「すまほん。」のビジネスモデル

20110814_photo.jpg

カフェで人を待ったり、銀行や病院で順番を待ったりするとき、置いてある雑誌を読みながら時間をつぶしたことがある人も多いでしょう。
これをスマートフォンと電子書籍に置きかえ、"1時間だけタダで読み放題"にするのが、「すまほん。」という新サービスです。

今回はこの「すまほん。」のビジネスモデルについて、ご紹介します。

「すまほん。」は、店舗や施設の中で1時間だけ、スマートフォン向けの雑誌コンテンツを無料で読み放題にするサービスです。
スマートフォンユーザーは、「すまほん。」に対応する店舗にiPhoneやiPad、Android端末を持ち込み、アプリにログインすればコンテンツを閲覧できるようになります。


ユーザーがその店舗内にいることを示すのは、位置情報と店舗コードです。
ユーザーがアプリを起動すると位置情報が測位され、対応店舗にいるかどうかがチェックされます。
この位置情報と、ユーザーがサービス利用時に入力する店舗コードの組み合わせが正しい場合に、コンテンツを閲覧できる仕組みとなっています。

7月からカフェやホテル、大手家電量販店、パーキングエリアなど、首都圏約20ヶ所の待ち時間が発生する場所で実証実験をスタート。
店舗は男性誌や女性誌、新聞など約140誌の中から来店者の属性に合ったコンテンツを選んでサービスを提供しています。


このサービスの最大の特徴は、導入店、ユーザー、コンテンツ提供企業のそれぞれにメリットをもたらすことです。
来店者は無料でコンテンツを閲覧でき、店舗は待ち時間を有効に使えるサービスの提供で顧客満足度の向上を図れます。
コンテンツを提供する出版社は、店舗からのコンテンツ利用料が得られるほか、新たな読者の獲得や電子書籍コンテンツの拡販が見込めるというわけです。


現在は「すまほん。」という名の通り、電子書籍のみを配信していますが、正式サービスでは「音楽や動画、ゲームなどのデジタルコンテンツを幅広く取り扱っていく」とのことです。
扱うコンテンツの種類が多ければ多いほど、多くの店舗で採用される可能性がありますね。


こうした既存のコンテンツ配信だけでなく、例えば「店舗限定オリジナルコンテンツの配信」などを行えば、プロモーション用途での活用も可能です。
場所を価値化するこの新しいビジネスモデル、今後の拡大が期待されますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/254