2011年9月17日

Amazon、電子書籍端末Kindleでクーポンサービスをスタート

20110916_photo.jpg
米Amazon.comは9月15日(現地時間)、同社が米国内で提供しているクーポン購入サービス「AmazonLocal」を、電子書籍リーダー端末「Kindle」でも展開すると発表しました。
Kindleの画面内でクーポンを購入すると表示される引換券を店頭で見せることで、サービスを受けることができます。
今回は現在、米国のみの対応となっているこのサービスをご紹介します。

同社は2011年6月に米国でAmazonLocalをスタートしました。

20110916_photo2.jpg

これは、専用サイトやAmazon.comのECサイトで、各地域のレストランやイベント・小売店のサービスを安価で利用できるクーポンを販売するというサービスです。

そして今回Amazon.comは、このサービスを米国で販売するKindleの広告表示機能付きモデル「Kindle with Special Offers」での提供を開始しました。
クーポンは、端末をスリープしたときに現れるスクリーンセーバーに表示され、クーポンを購入すると引換券がホームスクリーンに現れます。
この引換券を店舗で見せることでサービスが受けることができます。

まずは米ニューヨーク市からサービスを開始し、順次AmazonLocalの対象都市にも拡大していく予定となっています。
なお、このサービスの対応端末は、Kindle with Special Offersの無線LAN(Wi-Fi)モデルと第3世代(3G)回線対応モデルとなります。

電子書籍端末を利用した新しい広告サービスをスタートしたKindleですが、クーポンサービスによってどれだけユーザーを拡大できるか注目ですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/287