2011年9月 6日

「お客様のために」で成功した企業

2011_09_06_01.JPG
商品・サービスの価格を比較できるサイト「価格.com」。
今回は、ウェブサイトを急成長させているカカクコム社長のお話です。
「価格.com」は数万円の登録料を払い商品データベースに店頭価格を入力していき、どのお店が一番安いのかがすぐにわかるしくみです。
このサイトの利用者数は急激に増えており、中古車査定・保険・旅行・不動産、葬儀といったものまであります。

ホームページを見る限りではまるで仮想商店街のようですが、社長の穐田さんは「逆」だと言い切ります。
穐田さんは仮想商店街は売り手の立場に立っていると考えているので消費者側に立った情報があるかどうかをつねに意識しているそうです。

一般的な仮想商店街では出店しているお店や商品・サービスに関する消費者側からの評価欄やページを設けていません。なぜかというと商店街側にとって出店者こそが大事なお客様だからです。
結局のところ出店者の立場に立ったモール運営になるわけです。

ただ、個々の店舗ごとには購入客からの評価を掲示板などで公開しているところもありますね。これは商店街側がやりたくてやっていることではありません。

ですが、カカクコムは自らユーザーの声をそのまま掲示し、値段の安い順に店を並べます。
これは仮想商店街にとってはかなり迷惑なことです。
値段の一番安いお店にしかお客は集まらないし、出店者からすぐにクレームが来ることになるでしょう。

そのような情報を出してもカカクコムに出店しているお店は売り上げが伸びているそうです。
つまりカカクコムは、買う側にも売る側にもメリットを提供し成功しているのです。

どんなに隠してもオープンになってしまうインターネットの世界。
ならば、自らの中にその機能を保有しましょう。
完全に顧客の立場でチェックする機能を持つことが大切なのです。

あなたは本当に顧客の立場に立ってビジネスをしているでしょうか?
口ばかり「お客様のために」と言っても、最近の消費者はすぐに見抜きます。
お客様にとってよくない情報も出した方が親切で、顧客志向だと言えるのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/276