2011年9月24日

本田健が語る本当の目標設定とは?

2011_09_24_01.JPG
目標設定は、自己実現・自己啓発・目標達成のスタートにしてもっとも大切なものです。
スタートの方向が少しでもずれてしまうと、最終的にはとんでもないところに辿り着いてしまうかもしれないからです。
その目標が大きなものであれ、小さいものであれ最初が肝心です。
 
自己啓発で有名な本田健さんの著書『ユダヤ人大富豪の教え』には目標設定についてこう書かれていました。
「本当に成功したいなら、最初の動機が大切だ。それがずれているとぐちゃぐちゃな人生を送ることになる」これは事実です。

たとえば、世の中には「大金持ち」と呼ばれる人たちがいます。多くの人が少なからず「自分も金持ちになりたい」と夢見たことことでしょう。
ですが、彼らの中にはビジネスやお金儲けには大成功していても、家庭や友人関係が最悪、なんていう人も珍しくありません。
その原因は成功したにもかかわらず、スタートがずれていたのです。
目標設定の段階でもっと慎重になるべきだったのです。

最初のズレというのはそれほど大きくなかったのかもしれません。
ですが、ズレというものはその人が進むにつれて大きくなるものなのです。

お金持ちすべてを批判しているわけではありません。何事も最初が肝心であるということをしっかり確認していただきたいのです。
目標設定はあなたのコンパスと同じです。目的地に辿り着くには正しく機能するものを使わなくてはいけないのです。
あなたの夢の方向を目標の方向をしっかりと向いているコンパスが必要なのです。
 
そのための目標設定なのですから、多くの時間をかけて取り組んでください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/294