2011年9月26日

チラシは両面印刷のほうがお得か?

2011_09_26_01.JPG
ここであなたに質問です。
チラシを新聞折込するなら「片面印刷」と「両面印刷」どっちがお得でしょうか?

答えは続きから。
ある人はこう考えました。
片面印刷でも両面印刷でも新聞折込代は同じです。
だったら両面印刷の方がお得に決まっている。

確かにそうです。
片面印刷のチラシでも、両面印刷のチラシでも、新聞折込代に差はありません。

しかし、ある人は折込チラシを丹念に調べあることに気づきました。
「みんな表が上向きだ!」

それは、たいしたことではないように思えますが非常に重要な発見だったのです。
山のようなチラシを見て主婦は、いる・いらない を0.3秒で判断する言われています。

つまり、チラシは基本的にはパラパラとしか見ないわけです。
つまり、表面しか見ない。
つまり、裏面は見ない。
つまり、裏面は初期の「振るい分け」の段階ではほとんど効果がない。
という結論です。

裏面はあくまで、チラシに関心を持ってもらえ、手にとって熟読してもらえるようになってからようやく意味を成すのです。
もっと、わかりやすく言えば、表面が「顔」であり裏面は「後頭部」。
後頭部が必要であれば両面印刷すべきだし、
後頭部が必要でなければ片面印刷で十分。
というわけです。

もっとわかりやすい方法として今週末、山のように入ってくる新聞折込に目を通し、何枚のチラシの裏面を見るか?
おそらく「これは!」と思ったチラシだけに目を通すことでしょう。
そして、裏面があるにも関わらず見なかったチラシの数を数えてみてください。
最初にした「片面印刷」と「両面印刷」どっちがお得でしょうか? という質問の本質が理解できたと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/296