2011年10月 9日

手書きIMEを搭載したAndroidメモアプリ「7notes with mazec」

20111008_photo.jpg
株式会社MetaMoJiは7日、手書き文字変換システム「mazec」を組み込んだAndroid向けメモアプリ「7notes with mazec (J) for Android」のβ版を公開しました。
Android Marketから無料ダウンロードでき、10月31日まで利用可能となっています。
製品版は10月下旬に発売を予定していますが、価格は未定です。

今回はAndroidでオススメのメモアプリをご紹介します。

mazecは、高い精度で手書き文字を認識するほか、漢字・ひらがな交じりの文章でも、正しく日本語が入力できる「交ぜ書き変換入力」を搭載するのが特徴です。
これまで、iPhone向けのメモアプリ「7notes mini (J) for iPhone」などで使用されてきた技術ですね。

「7notes with mazec (J) for Android」は日本語IMEとして動作するため、メールやブラウザーなど多くのアプリで手書き日本語入力が可能。
Androidならではの機能としては、他のアプリを呼び出して使用する「マッシュルーム」機能にも対応しています。

このほか、いったん手書き文字のまま入力された文書を、好きなタイミングでテキスト文字に変換する「後から変換」機能なども搭載されており、使い勝手は良さそうですね。

ちなみにMetaMoJiは8月より、Android向けに手書き入力IME「mazec for Android」β版を提供しており、これまでに約10万人にダウンロードされていました。
そこで今回、mazec for Androidに手書きメモアプリ「7notes for Android」をセットにして提供することとなったようです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/309