2011年10月29日

iPhone 4S徹底比較!──価格、通信速度、機能で2社の違いは?

20111028_photo.jpg

Appleの新型スマートフォン「iPhone 4S」が発売されて2週間が経ちました。
これまで日本で独占販売してきたソフトバンクモバイルに加え、新たにKDDI(au)からも発売になり、同じ端末が2キャリアから発売されたことで、どちらを購入するべきか迷っている人も多いですよね。
そこで今回は、2キャリアのiPhone 4Sを比較していきましょう。

まず気になるのが料金。比較表は以下の通りです。
20111028_photo2.jpg
単純に比較するとソフトバンクモバイルの方が570円安くなります。
パケット定額サービスも、ソフトバンクモバイルの方が570円ほど安くなっており、この差が月額基本料金の差となります。
auは、ほかのスマートフォンよりもパケット定額料金を月額480円値引きする「ISフラット iPhoneスタートキャンペーン」(2012年1月31日まで)で対抗していますが、キャンペーン終了時に通常の5,460円に戻ると割高感が増してしまうかもしれませんね。

機種代金は、auの方が少し安く、さらに長年auを利用している人なら「auポイント」も使えます。
ただし、アップルストアで、一括払いで購入するとauポイントが使えないので気をつけましょう。


次に通信速度についてですが、「ソフトバンクのiPhoneはつながりにくい」と発売当初は言われていましたが、基地局を増やし、自宅での圏外率も約1%まで下げるなど基地局の拡大を続けています。
20111028_photo3.jpg
速度測定アプリ「Speedtest」を使って両社のiPhone 4Sの通信速度を東京都内5カ所で測定してみると、スペックほどの開きはなく、auの方が速い場所も一部見受けられました。
通信速度は利用エリアや時間帯で大きく変わりますが、都内で計測した結果ではどちらでもそう変わらなかったようです。


最後に機能については、iPhoneをいち早く日本で販売してきたソフトバンクモバイルの方がいまのところ上です。
auのiPhone 4Sは、アップルのiOSデバイス間(iPod touchやiPad)でメッセージをやりとりする「iMessage」と、iOSデバイスやMacとのビデオ通話機能「FaceTime」が使えません。
近日中に対応する予定ですが、詳細は発表されていません。

また、auのキャリアメール(XXX@ezweb.ne.jp)は利用できるものの、自動受信には対応していません。
そのため15分間隔でメールをチェックする仕様となっており、ソフトバンクモバイルのようにメールを着信してもすぐに知らせてくれる機能はありません。

また、au版のiPhone 4Sは、音声通話と3Gデータ通信の同時利用ができません。
電話をしながら、地図を見たり、メールを確認したりする人や、自動車で利用する際に、ハンズフリーでカーナビアプリを使う人などは不便かもしれませんね。
(3Gデータ通信を利用していても着信は受けられるので、そちらはご安心ください)
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/330