2011年10月26日

あなたのセルフイメージが、あなたの人生を変えます。


2011_10_29_01.JPG

セルフイメージを知っていますか?
一言でいうと自分が自分自身に対して抱いている印象のことです。

「自分はコミュニケーションが苦手だ」「自分は完璧主義者だ」「自分は同じことを継続するのが苦手だ」といった、思い込みも似たイメージを指します。
ですが、あなたの抱いているこれらのセルフイメージが自己啓発目標の妨げになっている可能性があるのです。

そんなセルフイメージについてお話します。

あなたはご自分に対して、どんなセルフイメージを抱いていますでしょうか?

たとえば、先に例として出した「自分はコミュニケーションが苦手だ」というセルフイメージは明らかにマイナス要素のものです。
なぜならコミュニケーションが苦手だと思いこんでいると、どんなにすばらしい先生やトレーナーに指導してもらっても、「どうせ改善できない」という諦めが邪魔をして、コミュニケーションスキル上達の妨げとなってしまうからです。
この場合「コミュニケーションが苦手」=「コミュニケーションが上達してはいけない」と考えがシフト転換されているおそれがあるのです。

別の例として出した「完璧主義者というセルフイメージは、一見すると悪いものではありません。
ですが、この「完璧主義の傾向」が目標達成の妨げになっているのであればそれは問題です。
本来は次の仕事に取り掛からなくてはいけないのに完璧を求めるあまり、いま抱えている仕事から離れられず先に進めないといった具合です。
この場合、「完璧主義とは何か?」「完璧主義だとどうなるのか?」「それによって自分の行動にどんな障害があるのか?」など、様々な観点から掘り下げて考えなくてはなりません。

セルフイメージは書籍、NLPや自己啓発などで頻繁に述べられていることですが、使い方を間違えるとせっかく自己啓発で目標を定めたとしても、目標達成そのものの妨げになっている可能性があるのです。


こうした成功とセルフイメージとの関係は、いまでは多くの人の知るところとなりました。
ですが、50年ほど前まではセルフイメージという概念そのものがありませんでした。
じつはこの概念は、ある一人の医師がアンナという一人の少女と接するなかで発見したものなのです。

もし、あなたが医師の発見した方法を使って、目標どおりに自動的に行動しつづけて成功したければ、この秘密について読んでみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/326