2011年12月27日

音声をテキストファイルに起こす口述筆記アプリ「Air Dictate」が登場

20111226_photo.jpg
米Avatronは21日、iPhoneに向かって話した言葉をテキストファイルに変換する口述筆記アプリ「Air Dictate」の配布をスタートしました。

AvatronはMacのディスプレイをiOS端末の外部ディスプレイとして使えるようにするアプリ「Air Display」で知られています。
今回配布を開始した「Air Dictate」は、アップルが「iPhone 4S」の目玉機能として搭載した「Siri」を利用した口述筆記アプリです。

「Siri」の音声認識能力は非常に高いため、「Air Dictate」の口述筆記の精度もまた非常に高く、発音に少し気をつけるだけでほぼ完璧なテキストファイルができ上がるということです。
また、テキストをほとんどリアルタイムでMacのディスプレイに表示することも可能。

価格は99セントで、対応機器はiOS 5.0以降を搭載したiPhone、iPod touchおよびiPad。
現状サポートする言語は英語のみで、「Siri」がまだサポートしていない日本語は対象外ですが、今後のサービス拡大に期待されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/389