2011年12月31日

WindowsPhoneのアプリが5万本突破! Androidよりも速く達成

20111230_photo1.jpg
27日、WindowsPhone向けのアプリの総数が5万本を突破したと、米国のWindowsPhone専門の情報サイト「AAWP」が発表しました。
WindowsPhoneのアプリは2010年10月に配布が開始され、順調にラインアップを増やしています。
そして、2011年11月20日には4万本を突破、12月12日に4万5000本を突破していました。
5万本を突破するのに要した期間は14ヶ月で、これはAndroidの19ヶ月よりも圧倒的に速いということです。

現在、WindowsPhoneのアプリは毎日265本のペースで増え続けています。
iOS及びAndroidのアプリはそれぞれ60万本と50万本あり、後発であるWindowsフォンはまだ10分の1程度しかありません。
しかし、増加のペースが早く、ノキア「Lumia800」「Lumia710」といったヒットモデルも生まれていることから、今後その差は急速に小さくなっていくと予想されています。

なお、現在配信されているアプリの内訳は次の通りです。
20111230_photo2.jpg

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/393