2012年1月23日

Appleの電子書籍制作アプリ「iBooks Author」のここが便利!

20120122_photo.jpg
「iBooks Author」はiBooks Storeで販売できる形式の電子書籍を簡単に作成できる、Mac用アプリです。
この電子書籍アプリの最も便利な点は、その使いやすさにあります。
通常、書籍を作るには複雑な作業が必要となりますが、「iBooks Author」では直感的な操作によって美しいページを作成できます。

また、目次の自動生成・用語解説ページの作成ガイド機能も搭載。
さらに、ページ中に練習問題やタップで解説をポップアップして表示するといった、インタラクティブなコンテンツをプログラミングなしで追加できる、Appleらしい機能も盛り込まれています。

使いやすさの最大のポイントが、PagesやKeynoteといったiWorkと呼ばれるアプリの操作性を受け継いでいること。
そのおかげで、プロにしかできなかった書籍の制作が、一般的なワープロ・プレゼンソフトを使っている人もできるようになっているのが、iBooks Authorの特徴の一つです。
具体的には文章をドラッグするだけで別の要素との距離を自動で表示したり、要素を動かすと隣の要素と均等に並べられる位置を表示してくれたりします。
もちろんこだわる場合は数値を入力して位置を微調整もできますので、安心してくださいね。

20120122_photo2.jpg
そして、書籍を作るとなれば避けて通れないのが、目次や用語解説といったページの作成です。
iBooks Authorにはそういったページの制作を支援する機能が、しっかり備わっています。
例えば、初めから目次は別項目として iBooks Auhtor の中で管理され、ページやチャプターを追加していく度にそのタイトルを読み取って、目次を更新していきます。

また、用語解説ページの管理機能も備わっています。
関連事項の登録もドラッグ&ドロップだけで OKと、とても簡単に使えるのがよいですね。

20120122_photo3.jpg
じつに Appleらしい機能の一つがウィジェットです。
ページ中に、タップやマルチタッチで操作できるインタラクティブなコンテンツを、プログラミングなしに追加することができるのです。
たとえば、写真を追加して各所をポップアップで説明。
さらにそのポップアップをタップすれば、該当箇所がクローズアップされ、よりくわしい説明が読める...といったコンテンツを、ドラッグ&ドロップで追加できるのです。
多少の設定は必要ですが、プログラミングの出番は一度もありません。


有料・無料問わず、作成した書籍は iBooks Store で公開することができます。
ただ、その場合は iBooks Store の販売者アカウントを取得する必要があります。
また、有料書籍を出品する場合は ISBN コードの取得費用が別途発生するようです。
(※ただし日本語の書籍は現状不可です。iBooks Storeは日本語の書籍をまだ扱っていません。)
また、作成した電子書籍は iBooks アプリで読める形式・PDF 形式・テキスト形式で書き出すこともできます。


最後に現時点でできないことについてですが、縦書き・読みがなの付記に対応していないようです。
よって、国語の教材といった縦書き・読みがなの付記が必要な電子書籍を作成するのは難しい状況です。
一方で日本語は問題なく扱えるので、横書きにはなりますが、日本語の電子書籍を作成することは可能です。


日本で普及するには日本語への対応が不完全という点はマイナスですが、横書きの書籍は問題なく作成できないので徐々にサービスの拡充に期待ですね。
個人で電子書籍を出したい場合、あるいは授業・講義などで使うレジュメを電子書籍として作成したい場合にはピッタリですね。
今後の日本の電子書籍業界が iBooks Authorの影響を受けて、どのように変化するのか、注目したいところです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/418