2012年1月 6日

月に1度、かならず見直さなくてはいけないものとは?

2012_01_06_01.jpg
ホームページを持っているなら、定期的にホームページを見直すと思います。
とくに読む側の立場になって眺めてみると、押しつけがましい表現や、あいまいな表現、補足が必要な表現など修正すべきところがいくつも見つかるものです。

ホームページのほかにも、月に1度、かならず見直さなくてはいけないものがあります。
それはチラシです。自社のチラシを見直す人は非常に少ないです。
「せっかく苦労して作ったのだから」「高いお金を出して作ってもらったから」など、様々な理由があるでしょう。

しかし、チラシは生きている人間に訴える「生もの」です。鮮度が良くなければおいしくありません。
ですから、最低でも一月に1回はチラシを見直す必要があるのです。

ここで注意していただきたいことは、作り直してからすぐに見直してはいけない、ということです。
なぜなら、作ったときというのは「これしかない!」と思い込んでいますので、悪いところが見えません。
時間が経過し、熱が冷めて、冷静に客観的になってから見直すことが最適といえるでしょう。

一月にほぼ1回、チラシを見直す。それを、繰りかえし、繰りかえし、試行錯誤することで、チラシの完成度は高まります。
チラシの完成度が高まるとお客さんの数が増え、驚くほど利益が増えるでしょう。

これから春が近づき、チラシの印刷量は増えてきます。
百貨店では、冬物の売出しをはじめ、卒業、進学、就職と、この季節は売上アップにはもってこいの季節だからです。

このチャンスをものにするために今からすぐにあなたのチラシを見直しましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/399