2012年2月 9日

Android向け「Google Chrome」β版、ついにリリース

20120209_photo.jpg
米国Googleは2月7日、「Android」を搭載したモバイル端末用のブラウザ「Chrome for Android」β版をリリースし、PC/タブレット/スマートフォンという異なるプラットフォームでのブラウザ統合に向けた一歩を踏み出しました。

「Chrome for Android」は、PC上でChromeを利用しているユーザーに便利な機能をいくつか備えています。
例えばPCとモバイルデバイスの両方からChromeにログインした際、一方の端末のタブで開いているページがもう一方の端末でも表示されます。
また、ユーザーがPCで入力した検索キーワードは、モバイル端末でも検索候補を自動補完してくれるなど、オートコンプリートもデバイスをまたいで利用可能です。
さらにブックマークも端末間で同期してくれます。

Googleのブログによると、Webページの読み込みスピード改善や、小さい画面に適したタブのデザインなど、このブラウザをモバイル端末のためにゼロから作り上げたということです。
また、ユーザーが多数のリンクから最適なページを選択できるよう、リンク先の内容を表示する「Link Preview」という機能も搭載されています。


しかし、同ブラウザは最新の「Android 4.0」を搭載したデバイスにのみ対応となります。
2月1日時点で、Android 4.0を搭載しているのはAndroid端末全体のわずか1%なので、より多くの端末をカバーできるバージョンの配信が急務となります。

なお、同社は旧バージョンのAndroid搭載端末や競合モバイルOSに向けたChromeをリリースする予定があるかどうかについてはまだ発表されていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/435