2012年3月 9日

スマホ無料通話アプリ「LINE」、提供開始8か月で2000万ダウンロード

20120309_photo1.jpg
NHN Japanは3月5日、同社の提供している、ユーザー間で無料通話/メール交換が可能なスマートフォン向けアプリ「LINE(ライン)」のダウンロード数についての発表を行いました。
リリースからまだ約8か月でしたが、iOS版とAndroid版を合わせて2,000万回以上になり、日本国内のユーザー数は800万人を超えているとのことです。

「LINE」は、スマートフォンの通信キャリアに依存せず、国内だけでなく海外とのあいだでも音声通話や絵文字入りメールを利用できるアプリ。
サービスの開始は2011年6月で、国内のほか中東、東南アジア地域を中心に利用者が増えたということです。
20120309_photo2.jpg
対応アプリケーションのダウンロード数は2012年1月27日に1,500万回となり、その後1週間に100万回以上のペースで増加していました。


また、2012年2月の1か月間に少なくとも1回アプリケーションを起動したユーザーは全体の89.1%おり、NHN Japanでは友人や家族とのコミュニケーションに積極利用されていると見ています。


今後の展開としては、LINE用アプリのWindows版とMac OS版、タブレット端末向けブラウザ版もリリースする計画。
これにより利用者の増加を図り、2012年に全世界で1億ユーザーの獲得を目指すとしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/465