2012年4月15日

Amazon.com、「Amazon Appstore」にアプリ内課金サービスを追加

20120415_photo.jpg
インターネット小売大手のAmazon.comは米国時間4月10日、「Amazon Appstore」の新サービスを通じて、アプリ開発者がアプリ内課金を組み込めるようにすると発表しました。
Amazonはそれぞれの決済から発生する売り上げのうち30%を得る計画で、これはAppleの「App Store」の売上手数料と同じ割合です。

Amazonのアプリ内課金プラットフォーム「In-App Purchasing」は、同社の顧客がウェブ上や「Kindle Fire」ですでに設定しているアカウントを利用したサービスです。
アプリ内決済方法については、同社のオンライン顧客にはおなじみの「1-Click」購入に対応するようです。

AmazonのAppstoreを率いるAaron Rubenson氏は、4月10日のプレスリリースの中で次のように述べています。

「In-App Purchasingは、組み込みが簡単で、Amazonの1-Click決済システムに慣れた大勢の当社顧客へのアクセスを開発者にもたらす。Amazon Appstoreの顧客の多くは、Amazonで買い物をした経験があり、Amazonの簡単な決済手続きを信頼している。これは、開発者のアプリ内コンテンツのコンバージョン向上と購入件数の増加につながる」


現在、Amazonのアプリ内課金はすべての開発者に公開されており、Amazon Appstoreは、「Kindle Fire」をはじめとする各種「Android」搭載携帯機器で利用可能となっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/504