2012年4月 9日

写真加工・共有サービス「Instagram」にAndroidアプリが登場

20120409_photo.jpg
Instagramは、写真の撮影・加工と共有が可能なサービス「Instagram」のAndroidアプリの配信をスタートしました。
Google Playから無料でダウンロードでき、Android 2.2以降を搭載した機種に対応しています。

「Instagram」は、スクエアフォーマットの写真が撮影できるほか、撮影済みの写真を選択してトリミングし、さまざまな効果やフィルターを付加して投稿できるサービス。
投稿した写真はInstagram内だけでなくTwitterやFacebookなどでも共有できるほか、同時にFoursquareへのチェックイン、Flickrへのアップロードなどにも対応しています。
iOS版の登録ユーザーはすでに3,000万人以上と、大人気のアプリです。


新たにAndroid向けに提供されるアプリは、iOS版とよく似たユーザーインタフェースを持っています。
フィルターはiOS版と同じNormal、Amaro、Rise、Hudson、Sierra、X-Pro、Lo-Fi、Earlybird、Sutro......などが利用可能。
撮影した写真をトリミングしてフィルターを加工し、投稿するプロセスはiOS版とほぼ同じですが、写真を撮影して直接投稿するプロセスはAndroid OSに合わせてあり、別途カメラを起動して写真を撮影しその後トリミングすることになります。

共有先はFacebook、Twitter、Tumblr、Foursquareのみとなっていおり、mixiやFlickrなどへの投稿は現在サポートされておらず、今後のアップデートで対応する予定です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/498