2012年5月29日

KDDI、世界で初めて音と振動による通話機能を搭載したスマホ「URBANO PROGRESSO」

20120529_photo.jpg

KDDIと沖縄セルラーは25日、京セラ製の、音と振動で音声を伝える新しい通話機能を搭載したAndroidスマートフォン「URBANO PROGRESSO」を5月30日より販売開始すると発表しました。

「URBANO PROGRESSO」は音と振動で音声を伝える先進通話機能「スマートソニックレシバー」を、スマートフォンとしては世界で初めて搭載。
ディスプレイ部分を振動させることで、通話相手の声を聴き取りやすくするということです。

OSはAndroid4.0。
液晶は約4インチの「有機ELルミナスディスプレイ」を搭載し、ガラス部分には傷や汚れに強い強化ガラスを採用しています。
筐体のデザインには金属素材と丸みを帯びたデザインとなっていて、仕事用にも使いやすいシンプルなものとなっています。


そのほかの特徴として、IPX5/7相当の防水性能とIP5X相当の防塵性能を完備。
また、「おサイフケータイ」や、バッテリの消費電力を抑える「省電力ナビ」などにも対応しています。

本体サイズは幅64×高さ125×奥行き10.8mm、重さ約139g。
カラーバリエーションはオレンジ/シルバー/ピンクの全3色です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/548