2012年6月 9日

無料通話・メールアプリ「LINE」、4000万人ユーザー突破。毎月500万人増

20120609_photo.jpg
NHN Japan株式会社は6日、同社が提供する無料通話・メールアプリ「LINE」の登録ユーザー数が全世界で4000万人、国内で1800万人を突破したと発表ました。
登録ユーザー数はiPhoneおよびAndroidアプリ、フィーチャーフォンの総計になります。

「LINE」はユーザー同士であれば無料で音声通話・メールができるアプリ。
2011年6月23日のサービス公開以来、約10カ月で世界の登録ユーザー数が3000万人を突破。
その後、1カ月に500万人以上のペースで増加しており、日本を含む世界230カ国以上で使われています。
急速なユーザー数の増加に伴いNHN Japanは、LINEを基盤とした収益化・プラットフォーム化に向けた取り組みも展開。
4月26日にはLINE初の課金モデルとして、人気キャラクターのスタンプを有料で購入できる「スタンプショップ」を公開しました。
また、連携サービスも拡充し、グリーティングカードアプリ「LINE Card」やカメラアプリ「LINE Camera」を公開。
特に「LINE Camera」は日本を含む13カ国のApp Store無料総合ランキングで1位を記録し、累計ダウンロード数は650万件を突破しています。
登録ユーザー数が4000万人を突破したことについてNHN Japanウェブサービス本部執行役員の舛田淳氏は、「我々が当初から目指してきたプラットフォーム展開を本格的に推進していく契機となった」とコメント。
2012年中に1億ユーザー獲得という目標に向けて、サービスの利便性向上やマルチデバイス対応、多言語展開などを図るとしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/560