2012年6月19日

スマートフォンを所有してから、もっとも接触頻度が増えた機能は?

20120619_photo.jpg
MMD研究所は13日、オンライン調査形式で実施した「スマートフォン所有者の接触頻度に関する実態調査」の結果を発表しました。
同調査では、スマートフォン所有前と所有後で接触時間が変わった機能などについて聞いています。
調査は、20歳から59歳のスマートフォン所有546人を対象に、2012年6月5日から6月6日にかけて実施されました。

まず、使用中のスマートフォン端末の購入時期を聞いたところ、2010年に購入した人は18.2%、2011年に購入した人は50.9%、2012年5月までに購入した人は27.7%という結果となりました。

「インターネットの閲覧、メールの頻度、通話の頻度」など計8項目について、スマートフォン所有前に比べて所有後に接触時間が増えた項目を調べたところ、「インターネットの閲覧」(77.3%)、「GPS機能(地図、位置情報など)」(65.0%)、「動画(Youtubeなど)の視聴」(52.2%と、3項目が5割を超える結果になりました。

スマートフォンを所有してから変化したことについては、「ゲームアプリで遊ぶようになった」と回答した人が44.3%と最多に。
これに「無料通話アプリで通話するようになった」と回答した人が31.3%、「スマートフォンでネットショッピングを行うようになった」と回答した人が28.8%という結果となりました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/570