2012年6月26日

人生とはあなたを写す鏡のようなものです

2012_06_26_01.JPG
「人生ってすばらしい!」と考えている方にとっては、人生は本当にすばらしいものになります。
「人生ってつまらない!」と考えている人にとっては人生は苦痛なものになるでしょう。

人間は平等に同じ地球上に生きているのに、人によってこんなにも考え方が違うのです。
その考え方の違いが、人生全体に大きく影響しているのしょうか?

たったこれだけの差で人生が決まってしまうなんて不思議なものです。
ですが、逆に言えば「考え方さえ変えてしまえれば、人生はすばらしく楽しい、充実したものになる」とも言えるのです。

たとえば、こんなアドバイスがあったとします。
「人生を充実させるには目標が必要です。人生の目標を持ちましょう!」
これに対しての反応はだいたい次の2種類です。

ひとつは「そうか、目標が大事なのか。よし、自分も人生の目標を考えてみよう」。
もうひとつは「そんなこと言っても、しょせん無理なものは無理だよ。目標なんて意味がないよ」。
この時点でもう勝負が決まっていることに気がついたでしょうか?

この後の人生をより良いものにできるのは、間違いなく「そうか、目標が大事なのか」と考えた人です。
「しょせん無理なものは無理だよ」と考えた人はおそらく新しい行動はしないでしょう。
明日になればこのような話など忘れてしまっていることでしょう。
つまり、いままでの生き方を今まで通り続けることになるのです。

ですが、「目標は大事だ」と考えた人はきっと自分の人生の目標を探し始めます。
進んで新しい行動をするでしょう。
結果が出るまでには時間はかかるかもしれません。
でも、この時点ですでに人生を変えたのです。

最初の考え方の違いだけで、その後のすべてが決まってしまいます。
よく人間関係や仕事や周囲の環境、運のなさなどを言い訳にする人がいますがそんなことは関係ないのです。
関係あるのは、その人の考え方。ただ、それだけなのですから。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/577