2012年7月21日

楽天の電子ブックリーダー「kobo Touch」販売開始 - 電子ストアもオープン

20120721_photo.jpg
楽天子会社のKoboは19日、電子ブックリーダー「kobo Touch」の販売を開始しました。
あわせて、コンテンツ配信ストア「koboイーブックストア」も同日午後にオープンとなりました。

「kobo Touch」は、カナダや米国、英国、フランスをはじめ世界190ヵ国900万人の利用者を持つ電子ブックリーダー。
日本での販売価格は7980円で、薄さ10mm、重さ185g、文字は17段階のサイズで表示できます。
4種類のカラーバリエーションがあり、楽天市場で人気があるカラーは1位がブラック、2位がシルバー、3位がブルー。
バッテリー駆動時間の長さも特徴となっており、1回の充電で約1ヵ月の利用できるということです。

「kobo Touch」の販売は、楽天市場をはじめ、ビックカメラ、ソフマップ、コジマ、Joshin、ヨドバシカメラといった大手家電量販店の店頭および各社のWebサイトを中心に行われ、丸善やジュンク堂などの大手書店でも店頭展示やプロモーションが実施されます。
このほか、TSUTAYA各店での店頭販売も19日から順次開始するとのこと。


コンテンツ配信を担う「koboイーブックストア」では、小説やエッセイ、ビジネス書、コミックなど、外国語コンテンツも含めた約240万冊が取り扱われています。
角川グループや幻冬舎、講談社、小学館、文藝春秋など、国内大手出版社の電子書籍コンテンツが揃っており、7月17日に直木賞を受賞した「鍵のない夢を見る」(辻村深月著、文藝春秋)も配信。
また、「余った傘はありません」(鳥居みゆき著、幻冬舎)や「ドラッカー名著集1~15」(ピーター・F・ドラッカー著、ダイヤモンド社)など、独占先行配信となる作品も20タイトル用意されています。

なお、コンテンツフォーマットは世界標準規格であるEPUB3.0を採用しており、縦書きやルビ表示をはじめとする日本語独特の表現にも対応するということです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/602