2012年8月27日

モレスキンとEvernoteがコラボ――iPhoneで手書きノートをデジタル化

20120827_photo.jpg
Evernoteとモレスキンがコラボした「Evernote スマートノートブック」が10月1日に発売されます。
サイズはラージ(3,150円)とポケット(2,205円)の2種類、用紙は横罫と方眼の2タイプから選択可能です。

「Evernote スマートノートブック」は、モレスキンのノートに手書きした内容を、iPhoneでデジタル化し、Evernoteの「ノート」として取り込むことができるもの。
これまでにも手書きした文字などをスマートフォンで撮影し、画像データとしてEvernoteに送信する方法はいくつかありましたが、いずれもカメラ機能を備えたアプリからEvernoteを呼び出す方法で、タグ付けなどの操作はEvernote側で別途行う必要がありました。

それが「Evernote スマートノートブック」であれば、Evernote公式のiOSアプリでノートを撮影し、専用ステッカーでタグ付けをした状態で撮影データをEvernoteに送信できます。


Evernoteは、iOSアプリを24日にアップデート。
Evernote スマートノートブック用に、撮影したデータの傾きを自動補正したりステッカーを認識してタグ付けしたりする機能を追加しました。

ノート側での特徴として、コントラストがうまく表現できる用紙を採用しています。
ゆえに、データをEvernoteに送信後、表示や検索、共有がしやすくなっているということです。


タグ付け機能を持たせるステッカーは全6種類。
あらかじめ「仕事」「承認」などのタグが設定してあるものもあるが、任意で変更できます。
その他、昨年Evernoteファミリーに加わった描画アプリ「Skitch」の矢印型ステッカーも注意を引く場所に使ってほしいとして同封しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/639