2012年8月 1日

米国のスマートフォンのシェア、iPhone増加、Androidに陰り

20120801_photo2.jpg
調査会社の米Strategy Analyticsは30日、米国の2012年第2四半期のスマートフォン出荷台数の調査結果を発表しました。
その結果、iPhoneだけがシェアを増加させ、Android、ブラックベリー、その他のOSはいずれもシェアを低下させていることが明らかとなりました。

iPhoneは前年同期のシェアが23.2%だったのに対して、今期は33.2%と10%以上もシェアを増加。
昨年10月に発売したiPhone 4Sの人気が高いことが要因とみられます。

シェア1位のAndroidは、前年同期が60.6%だったのに対して、今期は56.3%。
依然として過半数を占めているものの、減少するという結果になりました。
サムスンのGALAXY Sシリーズ以外にiPhoneを脅かすような人気モデルがなく、そのGALAXY Sシリーズが4~6月の時点ではモデル末期だったことも影響したとみられます。

シェア3位のブラックベリーは10.5%から6.5%へと減少。
ブラックベリーを販売するRIMは次期バージョンのブラックベリー10に復活をかけていますが、その発表が大幅に遅れていることや、同社から優秀な人材の流出が相次いでいることなどから客離れが一層進んでいます。

その他のOSも5.7%から4.0%に減少。
この中にWindows Phoneも含まれているはずですが、いまだに「その他」扱いからの脱却さえできない状態。
Windows 8の発売が間近となっていることがWindows Phoneにとっては追い風となるべきところですが、実際にはWindows Phone端末はいずれも厳しい販売状況に陥っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/613