2012年8月 5日

パブー、月額課金方式で電子書籍を販売できる「連載機能」を開始

20120805_photo.jpg
aperboy&co.子会社のブクログは8月2日、ブログ感覚で電子書籍を作成・販売できるサービス「パブー」で、定期販売システム「連載機能」を公開しました。
これはメールマガジンのように、月1回や週1回など好みのペースで、有料電子書籍を配信することができます。
EPUB/PDFに対応。

メールマガジンのようなテキストに加え、マンガや小説、写真集などの連載も可能です。
購読料は月額10円以上から、連載間隔は日刊、週刊、隔週刊など1カ月以内で設定でき、手数料の30%を引いた70%が作者の取り分になります。
ジャンルは漫画、小説、ビジネス、料理・レシピなどから選ぶとのこと。

配信は、パブーの「プロ版」(月額525円。現在は315円のお試し価格で提供中)ユーザー限定。
配信したコンテンツは、公開後に同社の審査が入ります。

第1弾として、ジャーナリスト・佐々木俊尚さんの連載「佐々木俊尚のネット未来地図レポート」(月4回配信、月額1000円)など3作品の連載がスタート。
今後、読者が価格を決めて電子書籍作品を購入できる「投げ銭」機能を年内に投入するなど、ユーザーが電子書籍を気軽に販売・購入できる機会を拡大するとしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/617