2012年9月 3日

電通、トレンドを先読みするサービス「電通トレンドソナー」を開発

20120903_photo.jpg
電通は、電通パブリックリレーションズ(DPR)および電通マーケティングインサイト(DMI)と共同で、さまざまなカテゴリーにおける流行を先読みするサービス「電通トレンドソナー」を開発したことを発表しました。

電通トレンドソナーは、消費者へのリサーチと有識者・専門家へのヒアリング、ソーシャルメディア上での口コミ分析を組み合わせることで、今後のトレンドを予測するというサービス。
予測の流れは、まずDMIが高感度な消費者のネットワーク「Antennaor(アンテナー)」を活用して流行の候補群を抽出。
次のステップで電通グループの有識者・専門家ネットワーク「Valuator(バリュエーター)」にヒアリングを行って候補群を精査し、最後のステップではソーシャルメディア上の口コミ動向をチェックするということです。
同社は、昨今のトレンドやブームは情報感度や発信意欲の高いアクティブな消費者が起点になって生まれるケースが増えてきており、そうした状況のなかで次の流行を予測するために、電通グループ3社のノウハウを組み合わせたとしています。

3社は今後、電通トレンドソナーで得られた分析結果を、DMIが有する調査手法を用いてさらに掘り下げて調査し、またDPRが分析結果を活用してPR展開のサポートを行うなど、グループ全体でソリューションを提供していくとしています。
なお、サービス開始当初のレポーティング対象カテゴリは、「食」「ファッション」「健康」「主婦」「女子高生」「シニア」などです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/646