2012年9月21日

メディアドライブ、ウェブを使ったクラウドOCR「WinReader Online」を提供

20120921_photo.jpg
メディアドライブは、高精度なOCR技術を搭載した文書変換サービス「WinReader Online」の提供を10月1日から開始すると発表しました。
同サービスは、ビジネス文書や新聞、雑誌などさまざまな文書をデジタルデータへ変換することができるというものです。

「WinReader Online」は、活字文書を読み込み、OCR結果を文書ファイルに変換するクラウドサービス。
Windows向けの業務用活字文書OCRソフトウェア「WinReader PRO」と同等のOCRエンジンを搭載し、データ変換精度の高さが特徴のひとつとなっています。
日本語、英語のほか、中国語(簡体字 / 繁体字)や韓国語の文字認識が可能で、テキストファイルだけでなく、最新のOffice文書フォーマットや、透明テキスト付きPDFファイルなどへの変換にも対応しています。

ウェブブラウザから利用できるクラウドサービスのため、アプリケーションのインストールなどは不要で、常に最新版のサービスを利用可能。
またOpen IDに対応しており、Google / Yahoo! JAPAN / mixiのIDを持っていれば専用IDを作成する必要もありません。

サービスの料金は事前にプリペイド式のOCRチケットを購入し、文書ファイルに変換する際にページ単位で課金される仕組み。
OCRチケットは50枚パックで2100円で、10月1日まではベータ版トライアルキャンペーンとして無料で提供されます。
なお今後、画像や認識結果などのOCR処理に関するデータをXML形式で出力するサービスも予定しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/664