2012年9月 1日

Yahoo!、Twitter、J-WAVE、森ビルによる「ソーシャル防災訓練」開催

20120901_photo.jpg

Yahoo!、Twitter Japan、J-WAVE、森ビルの4社は、災害時にソーシャルメディアを有効活用するためのイベント「第1回ソーシャル防災訓練」を9月19日に行うと発表しました。
「Yahoo!天気・災害」のTwitterアカウント(@Yahoo_weather)で、イベント参加者の募集を受け付けています。

東日本大震災の際、ソーシャルメディアは情報の取得や共有に役立ったが、一方で根拠のない情報が広まるなど混乱を招く面もありました。
災害時にソーシャルメディアを活用するためには、情報の信頼性を精査することが重要になります。

そこで今回行われる「ソーシャル防災訓練」は、災害時におけるソーシャルメディアの活用方法や、ソーシャルメディア上に共有される情報の精査の仕方を検証する目的で実施されます。
4社はソーシャルメディアを含めた情報の発信元として「ソーシャル防災訓練実行委員会」を組織し、六本木周辺エリアで訓練を行うとのこと。

防災訓練は「避難訓練」と「防災レクチャー会」の2部構成。
避難訓練は大規模地震の発生を想定して行われ、参加者はヤフーの「防災速報」アプリとTwitterで情報を取得しながら、途中に用意されたアクシデントをくぐり抜けて指定の場所まで避難するという内容になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/644