2012年10月22日

下ばかり見つめる人生をいい加減やめてみませんか?

2012_10_22_01.JPG
目標設定をする上で多くの人がぶつかる壁があります。
それは、「自分の悪いところばかりを見つけてしまう」というものです。

これについて具体的に話していきたいと思います。 


たとえばあなたが以下のような目標設定をしたとしましょう。
「25歳までに会社の社長になる!」
「今年中に恋人にプロポーズをする!」
「10年で1,000万円の貯金をする!」
どれも、すばらしい目標です。

ですが、問題はこの後なのです。
ここまでは順調に進んでこれる方が多いのですが、目標達成のためには何か行動をしなければなりません。

すると、
「今の自分が社長になれるのか?」
「こんなぼくにプロポーズなんてできるのか?」
「10年で1,000万円? ムリだろう」

このように「自分の良くないところばかりにフォーカスしてしまう」のです。
これこそ「自分の悪いところばかりを見つけてしまう」をしている状態です。
これではいつまでたってもいまの状態のままです。

いくらすばらしい目標設定でも行動に結びつかなければ意味がないのです。
下を見ていては目標達成など不可能です。

もっと自分の可能性を見てみましょう。
上を見れば、広くて青い空が広がっているのです。
いまは下を見ているので気づいていないだけなのですから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/695