2012年10月 3日

災害発生時の安否情報確認がスムーズに行えるウェブbサイト「J-anpi」開設

20121003_photo.jpg
日本電信電話(NTT)、日本放送協会、NTTレゾナントの3団体は、企業・団体が保有する各種安否情報を無料で検索・確認できるウェブサイト「J-anpi ~安否情報まとめて検索~」の提供を10月1日からスタートしました。
「J-anpi」は大規模災害時のスムーズな情報提供を目的としたウェブサイトで、平時も常時運営されます。

このサイトは、PCやスマートフォン、携帯電話などからアクセスし、電話番号や氏名をもとに、さまざまな団体が提供する災害用伝言掲示板や安否情報を一括で検索できるWebサイトです。
「J-anpi」の構築・提供・管理はNTTレゾナントが行い、運営についてはNTTと日本放送協会なども協議に加わって進められるということです。
NTTと日本放送協会のほか、新聞社の一部もJ-anpi運営への参加を検討しており、サービス開始時点には10社12種類の情報が提供される予定になっています。

2011年3月に発生した東日本大震災では、通信キャリアや報道機関など各企業・団体がそれぞれ安否情報の収集・提供したため、利用者が必要な情報にアクセスするまでに時間がかかってしまうという課題が生じていました。
「J-anpi」を利用することで、通信キャリア各社が提供する災害用伝言板の安否情報に加え、報道機関や各企業・団体が収集した安否情報もまとめて確認できるため、スムーズな情報収集が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/676