2012年12月 5日

富士通、クラウドを活用した犬専用歩数計「わんダント」――歩数や震え計測

20121205_photo1.jpg
富士通は、犬用歩数計「わんダント」と、犬の健康管理をサポートするクラウドサービスをあわせて、11月28日に発売開始しました。
発売されるのはピンクとブルーの2種で、価格はオープン。

 

「わんダント」は、3D加速度センサーと、犬の前脚の動きを検知し前脚の動く速さや脚の長さをベースに歩数測定する動作推定技術を適用し、「歩数」「震え」「温度変化」の自動測定ができる犬用の歩数計。
また、「わんダント」により自動で測定・蓄積されたデータは、スマートフォンやパソコンを近づけることで、FeliCa通信により、データをクラウド上にアップロードできます。

20121205_photo2.jpg
集約されたデータは専用のWebサイトでグラフとして閲覧でき、犬の活動状態が一目で分かるという仕組み。
また、食事の量やうんちの状態、その日の体調などを専用のWebサイトに記録する日記機能も搭載されています。

「わんダント」の主な仕様は、電池寿命が4ヵ月程度、履歴記録が14日分。
外形寸法がW46×H28.4×D12.5mm、質量が約16g(電池含む)となっています。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/740