2013年1月12日

セルフイメージを作ることによって成功は作られる

2013_01_12_01.JPG
自己啓発とは、目標達成のために、そして人生をよりよく変えるために行うことです。
ですが、この自己啓発は使い方によって、あなたの人生を天国にも地獄にもすることを知っていますか?

誰もができることなら天国へと進みたいと思うもの。
天国か地獄をわける要因は、いったい何だかわかりますか? 


その答えは、自己啓発の大切さを教えつづけた偉大な人物であるアール・ナイチンゲール氏の言葉にあります。

「あなたは、あなたの考えているような人になる」

これはあなたの考え方、自分自身へのイメージこそがあなた自身を形作っているという意味の言葉です。
これを自己啓発の世界ではセルフイメージと言います。
常にネガティブに考え、ネガティブな情報ばかりに意識を集中していると、本当に悪いことばかり起こります。
反対に、頭の中をポジティブでいっぱいに満たしておくと、頭がつねにワクワクした状態になり、明るい未来が待っているということです。

端的に言うと、自らの思考・考え方を変えることができれば、あなたが変わり、人生をも変えることができるということです。

人が自分に持つイメージというのは、究極のところコントロールできません。
しかし、自分が自分に対して持つイメージなら変えていくことが可能なのです。

まずは、「自分で自分をどう思っているか?」「セルフイメージがどんなものか?」を探すところから始めてください。

その後は、「自分がどうなりたいか?」正直な気持ちを書き出してみます。
自分らしさを無視したり、周りの願望に耳を傾けず、「自分が本当にどうありたいか?」を大事にしてください。

次になりたいイメージができたら、「そのイメージの人物ならどんな言葉を使い、どんな考え方をし、どんな行動をするか?」を考えて、それに合わせて少しずつ取り入れていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/775