2013年3月 2日

強調したい文字は「空間」が大切

2013_03_02_01.JPG
広告やチラシを作っていると目立たせたい、強調させたい「文」が出てくるでしょう。
目立たせるにはゴシック体にする、文字を太くする、白抜き文字にする、下線をひく、四角で囲む、背景をつけるなどいろいろな表現方法があります。

ですが、忘れてはならない原則があります。その原則とは?
広告やチラシで強調したい「文」がある場合、その文の周りに「空白」をつくるのです。
いったいどういうことか?具体的に説明しましょう。
下図をパッと見て、頭にどんな文字がインプットされたか確認してみてください。


あいうえおあいうえお
あいおかいどくうえお
あいうえおあいうえお


あいうえおあいうえお
あ        お
あ おかいどく  お
あ        お
あいうえおあいうえお


いかがでしょうか?
このように周りに空白を作るだけでより明確になり、強調されるのです。
「空白」を作れば作るほど、中心のものがより強調されるのです。
そのことを覚えておきましょう。



図解 実戦マーケティング戦略
佐藤 義典
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 1,405
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/812