2013年3月14日

あなたは間違った考えを持っているかもしれない

2013_03_14_01.JPG
「目標達成は自分ひとりの力でやるものである」
もしあなたが、このように考えているとしたらそれは大きな誤解です。
過去にたった一人で成功した人は、だれ一人としていません。

世の中の考え方として、「一人で全部やって成功したほうがかっこいい。すごいことだ」という考えがあります。
ビジネスの世界では特にそういう傾向があります。

しかし、その考え方だとあなたは一生成功することはできないでしょう。
その理由とは?

例えば、あなたがセールスマンだとしましょう。
ノルマ(販売目標)が決められていますので、一所懸命頑張らなくてはいけません。

さらに、当然ですが他のライバルのセールスマンもいます。
生活がかかっていますので、お互い必死になって相手に負けないように努力するでしょう。
しかしこれでは二人とも疲れてしまいますし、いがみ合うばかりです。
 
では、この二人が協力したとしたら、どうなるでしょうか?
一方は情報収集担当、他方が実際のセールス担当にすれば目標達成が早まるかもしれません。

日替わりで役を代えていけば仕事内容も違ったものになるので新鮮な気持ちで頑張れます。
または、双方の顧客情報を共有してみたらどうでしょうか?
 
秘密にしたりせずに伝え合うことで商品を買ってもらいやすくなるのではないでしょうか。

男性というのは周りによく見られたいと思う生き物のようです。
「成功者は孤独なもの。助けてもらうのはかっこ悪い」と思ったことがある人も多いでしょう。
そこまでいくと周りの人々が全員敵に見えてしまいます。
争って良いことなんて、何一つないのです。
 
「勝った、負けた」の世界で生きているといつまでたっても一人ぼっちです。
相手を打ち負かしても自分の直接的な成長にはつながりません。

それなら、協力して同じ目標を目指した方が達成するのも早まりますしより生産的です。
また、成功と仲間を同時に手に入れることができるのです。
あなたの自己実現、目標達成にも、非常に効果的です。
 
協力し合い、助け合いましょう。
それが成功への近道なのですから。



自分の小さな「箱」から脱出する方法
アービンジャー インスティチュート 金森 重樹 冨永 星
大和書房
売り上げランキング: 54
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/818