2013年6月 8日

あなたが持つ「失敗」の間違ったイメージを捨ててください

2013_06_08_01.JPG
何か新しいことにチャレンジするとき、間違えや失敗はつきものです。
間違えや失敗を「悪いこと」と考えると新しいことにチャレンジできなくなります。
なぜなら神様でもない限り、間違えや失敗のないチャレンジは不可能だからです。

失敗を恐れずに成功するには、どうしたらよいでしょうか?


まず、間違えや失敗を「悪いこと」と思ってはいけません。
とはいっても、間違えや失敗を避ける「思慮深さ」は大切です。

間違えや失敗を避ける最も簡単な方法は等身大で始めること。事業を始めるなら、お金を借りずにスタートする。登山するなら、簡単な山から登り始める。そしてお金が貯まったら次のステップへチャレンジする。一山登ったら次のステップへチャレンジする――
この繰りかえし、つまり、小さく始めて大きく育てる過程が、地道で、遠回りのように思えても、非常に大切です。

「何を馬鹿馬鹿しい!そんなの待ってられない!」と暴走しがちです。そして結局は痛い目にあい学びます。
そういった荒療法もいいでしょうが、死んでしまってはおしまいです。

チャレンジというと、「とても不可能と思えることに経験の乏しい者が勇気を出して挑む」。そんなイメージがありますが、ともするとその間違えや失敗は死に直結します。
事業だったら膨大な借金を負い再復帰できなくなります。慮なしに死に繋がる安易なチャレンジは自殺のようなものです。

石橋を叩いて渡れとは言いません。若いうちは思慮のないのが当たり前で、それもまた魅力なのですが、死に直結しない間違えや失敗を経て、たくましいチャレンジ精神に富む大人に成長してほしいのです。
いまは小さな間違えや失敗をたくさん経験してください。その数だけ太く、大きな大人に成長していくのですから。



「自己啓発」は私を啓発しない (マイナビ新書)
齊藤 正明
マイナビ
売り上げランキング: 9,851
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/861