2013年6月16日

あなたの商品を欲しがっているのは誰?

2013_06_17_01.JPG
最近、都内では開いた土地を有効利用するために駐車場を作るというビジネスが流行っている。
しかし、新しく駐車場を作ったが、まったく車が入らない。
広域に新聞折込するほどでもないし、ビルに大きな看板を作るのもお金がかかる。

そんなとき、あなたならどうしますか?

まず、次のことを考えてみてください。

1.「その駐車場を借りたい人はは誰か?」
  そうだ、いま借りている駐車場より安ければきっと借りるはずだ。

2.でも、家から駐車場が遠くてはいくら安くても借りないぞ。

3.さらに考えた。
  駐車場がない人はどこに住んでるんだろう?
  きっと、アパートやマンションだ。

4.最後にこう考えた。
  でも、いままで なぜ借りに来なかったのだろう?
  そうだ、ここに駐車場があることに気づかなかったんだ!
  ちゃんと知らせないといけなかったんだ!

そこで、1,000枚ほどのチラシを作って、いまより安いこと、近くにあることを具体的に明記して近隣のアパートやマンションポスティングしてみた。

するとどうだろう、あっという間に空きが埋まり、キャンセル待ちが出るほどになった。広告にかかった費用は、5000円ほどである。

売れない、借り手がいないと嘆くのではなく、「欲しがっているのは誰か?」「売れる条件は何か?」「その人はどこに住んでいるのか?」「なぜ、いままで売れなかったのか?」をよく考えてみてください。

きっとその理由が見えてくるに違いありません。





「原因」と「結果」の法則
ジェームズ アレン
サンマーク出版
売り上げランキング: 344
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/865