2013年8月 4日

広告は見てもらってなんぼの世界

2013_08_04_01.JPG
広告やチラシなんて、見てもらってなんぼ。
見てもらえなければ、何の意味もないと思いませんか?

まずはお客様が見てみたい、読んでみたい内容を、だまされたと思ってチラシの特等席に載せてください。
その理由とは?
あなたの頭の中にある健康のこと、悩んでいること、芸能のこと、スポーツのこと、ファッションのこと、お金のこと、ノウハウのこと。
自分の独り言でもいいのでお客様が見てみたい、読んでみたいと思う内容をズバーンと一面に載せてみてください。

そう、わかりやすく言うと、スポーツ新聞のように。
結局のところ「チラシなんて見てもらって、なんぼ」です。

たとえば、イチロー選手の自己記録更新となる「26試合連続安打」を期待する日本人は山ほどいます。
そんなとき、タイムリーにイチローの連続安打を話題にしたチラシが入れば、かならず読んでしまうでしょう。
そこに「26試合連続安打記念クーポン」なんてのがついてたらどうでしょうか?

オリンピックで日本人の金メダルを期待する人は山ほどいます。
「オリンピック金メダル獲得記念セール」というのがあったらどうでしょうか?

そんなアイデアを考えてみてください。



スタンフォードの自分を変える教室
ケリー・マクゴニガル
大和書房
売り上げランキング: 160
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/889