2014年1月18日

費用対効果をうまく使えばビジネスはうまくいく

2014_01_18_01.JPG
毎朝、新聞を開けば、山のように折り込まれてくる新聞折込。
マーケティングでよく使われる広告媒体ですが、うまくいけばものすごい費用対効果が期待できる媒体です。

ですが、95%がいわゆる「負け組」となっており、成功している企業はたった5%ほどと、なかなか難しいのも現実です。
そんな「5%の勝ち組」になる方法についてお教えします。

どうしたら、「5%の勝ち組」になれるのか?
それは以下の5ヶ条を実行してください。

1.「生き残る」ことが最重要
これは、会社や生活が追い詰められないようにすればいいだけです。

2.「目標」を明確にする
大きく2つがあります。
(1)徹底的な差別化:他にはない「特徴」で1番になる。
(2)徹底的なコスト削減:コストを下げ、価格で1番になる。

3.「試行錯誤と繰返し」を続け、目標に近づく
自分でチラシや業務内容を考えて試行錯誤してください。

4.「くよくよせず」、どんなことがあろうと、腐らず、諦めない
くよくよしても、始まりません。諦めずにがんばってください。

5.「ゆとり」こそが、チャンスを招く。焦りは禁物。
焦ることなくゆとりを持ちましょう。

以上のことを意識しながらやってみてください。
それによってものすごい結果が待っていることでしょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://nexus-news.net/mt/mt-tb.cgi/969