2011年11月29日

人とモノをつなぐSNS「Sumally」公開

20111128_photo.jpg
「この世界に存在するすべてのモノの『百科事典』を作る」をコンセプトとした新サービスSNS「Sumally」の公開がスタートしました。
同時にiPhone/iPod touchに対応したアプリもリリースされました。
今回はこの新SNSのご紹介です。

続きを読む "人とモノをつなぐSNS「Sumally」公開"

2011年6月15日

LinkedInが持つ、ソーシャルリクルーティング5つの特徴

20110614_photo.jpg
19日、ビジネス向けSNSの米企業LinkedIn が、ニューヨーク証券取引所に上場を果たしました。
インターネット企業では、Google(2004年8月)以来の大型IPOとして、また、米大手ソーシャルメディア企業初の株式公開として、投資家からは大きな注目を集めています。

LinkedInは、世界で1億人以上が登録するビジネス向けのSNSです。
2011年1月時点で「2010 Fortune 500」にランクされている企業の経営幹部の1人以上がLinkedInに登録しており、LinkedIn上に「企業ページ」を持つ企業は200万社を超えています。

先日、年内に日本語版を提供すると発表しましたが、今回はLinkedInの持つ5つの特徴についてご紹介します。

続きを読む "LinkedInが持つ、ソーシャルリクルーティング5つの特徴"

2011年5月27日

1億人が使うビジネス特化SNS「LinkedIn」 日本語版が今年中に立ち上げへ

20110526_photo.jpg
「LinkedIn」は2003年5月にサービスをスタートした、ビジネス特化型SNSです。
2011年3月には登録ユーザーが全世界150ヶ国以上1億人を超え、LinkedIn上に企業ページを持っている企業は200万社以上になっています。
コンテンツはプライベートな日々の情報というより、利用者の履歴書情報が中心で、サービスの中で求人や商談を行ったり、専門家とコンタクトを取ることもできます。

今回はついに日本上陸となる、このビジネス向けSNSについて紹介します。

続きを読む "1億人が使うビジネス特化SNS「LinkedIn」 日本語版が今年中に立ち上げへ"

2011年5月23日

ネットサービスの次なるブルーオーシャンは?

20110522_photo.jpg
総務省が発表した「通信利用動向調査」によると、70代、80代以上のインターネット利用率が3年続けて増加しているという結果になりました。
とくに、70代ではおよそ4割に達するなど、高い利用率を示しています。

また利用用途も、ブログを更新したり、交流サイト(SNS)に登録して同じ趣味の会員を見つけたりと、使い方の幅に広がりが見受けられます。
一方で、ショッピングは興味を示すものの、利用頻度はまだ低いようです。

今回は、新しいインターネット市場のターゲットになり得る、高齢者の利用現状についてご紹介します。

続きを読む "ネットサービスの次なるブルーオーシャンは?"

2011年5月 3日

3.11後の企業の震災対応の変化とは?

20110502_photo1.jpg
Beat Communicationは28日、震災時のソーシャルメディアの活用実態についてアンケートを実施した結果を公表しました。
対象は関東圏の企業を中心に、無作為に抽出した大手企業100社です。

今回はその結果から、震災時に向けて企業が整備すべき社員の安否確認の方法について考えます。

続きを読む "3.11後の企業の震災対応の変化とは?"

2011年4月 5日

5年後も使っていたいSNSは?──SNS利用実態調査

20110404_photo.jpg
メディアインタラクティブは、全国の10代から50代の男女800名を対象に今年の2月、SNS利用実態調査を行いました。

調査では利用しているSNSを複数回答でたずねたところ、1位は「mixi」。
以下、「Twitter」、「Facebook」、「GREE」、「モバゲータウン」と続きました。

今回はこのSNS利用実態調査をもとに、各SNSの使われ方について考察します。

続きを読む "5年後も使っていたいSNSは?──SNS利用実態調査"

2011年3月 3日

角川グループとGREEが提携して作る、「ソーシャル電子書籍」とは

20110302_photo.jpg 
角川グループとSNS大手のGREEは24日、電子書籍事業での業務提携を発表しました。
今夏をめどに角川書店の持つ電子書籍コンテンツを、GREEが展開するSNSサービス上で提供する予定です。
電子書籍市場は今年成長が見込まれているため、モバイル・印刷・出版など様々な業種からの参入が相次ぎ、大混戦の様相と呈してきました。
こうした中で、角川・GREE陣営は「ソーシャル」という新機軸で差別化を狙っていくようです。
 
今回は、両社が提供する「ソーシャル電子書籍」構想についてご紹介します。

続きを読む "角川グループとGREEが提携して作る、「ソーシャル電子書籍」とは"

2011年1月11日

スマートフォン版mixiアプリ、個人で開発できるように

mixi.jpg
mixiは1月7日、mixiのAPIを個人にも解放しました。
これによりマイミク関係やtwitterのようなつぶやきを投稿できる「mixiボイス」と連携したウェブサービスを、個人開発者が作れるようになります。
また、これまで法人のみ開発可能だったスマートフォン版「mixiアプリ」も、個人開発者が構築・公開できるようになりました。
SNSから「ソーシャルグラフプロバイダー」としての新分野の開拓を狙うmixiの戦略を考えます。

続きを読む "スマートフォン版mixiアプリ、個人で開発できるように"

2010年12月29日

mixiの高い利用率を支えるウェブ上のコミュニケーションの志向性

mixideta.jpg政治や経済、そして芸能など、様々なニュースが駆け抜けた2010年。
皆さんにとっては、どのような印象の1年だったでしょうか?


ウェブ上のニュースという視点で見ると、「SNSがライフスタイルに深く関わりを持った1年」でした。

例えば2009年の後半では、知名度の高い企業が「twitter」を始めただけでニュースになりましたが、今では企業が「twitter」を運営するのは特に珍しくはなく、広報担当のつぶやきのみならず、様々なキャンペーンも毎日のように展開されています。
私たち消費者にとっても、これまで情報を受け取るだけの立場から、SNSを介して媒体や企業と相互に情報を発信する"メディア"としての地位を確立できるようになりました。
しかし、それとともに忘れたはならないSNSの要素として、「友人同士のコミュニティ形成」が挙げられると考えます。

今月オリコン・コミュニケーションズが発表した、10代から50代の男女100名を対象に実施した調査情報『SNSに関する実態調査』が行われました。
その結果から、「友人同士のコミュニティの形成」にSNSとの関連性を感じさせるデータを見て取ることができたのです。

続きを読む "mixiの高い利用率を支えるウェブ上のコミュニケーションの志向性"

2010年12月21日

「昨日までと違う今日」を生きる―NTTデータ流ソーシャルテクノロジー

近年、「Twitter」や「SNS」に代表されるソーシャルテクノロジーが、企業でも使われるようになっています。
あなたがいま勤めている会社でも社内交流を図るためのSNSがあるかもしれません。
 
今回ご紹介する連載記事は、2009年のダボス会議で「持続可能な100社」に選ばれたNTTデータの社内SNSの取り組みを中心に、ソーシャルテクノロジーの特徴・メリットから企業での活用方法を紹介しています。

続きを読む "「昨日までと違う今日」を生きる―NTTデータ流ソーシャルテクノロジー"